文字サイズ

【天皇賞】和田竜「残念」1番人気ディープボンドは2着

 「天皇賞(春)・G1」(2日、阪神)

 先に抜け出しを図るカレンブーケドールをターゲットにした1番人気ディープボンドだったが、ゴール前は勝ち馬の追い上げを許す形になり、惜しくも2着に敗れた。和田竜は「最後は差し返してくれたし、良馬場の中でも差のない競馬ができたように、実力はついていると思う。よく頑張ってくれました」と相棒をねぎらいつつ、「残念です」と言葉を絞り出した。

 今後について、大久保師は「長い距離を2回使って疲れもあるでしょうから、様子を見てから決めたいと思います」と話した。1番人気には応えられなかったが、充実期に入ったことは十分過ぎるほど示してくれた一戦。この悔しさを力に変え、さらなる大舞台を目指す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス