文字サイズ

【青葉賞】ワンダフルタウン激闘V 昨秋以来の復帰戦、落鉄もなんの

 「青葉賞・G2」(1日、東京)

 メンバー中、唯一の重賞ウイナーが意地を見せた。まさにデッドヒートとなったゴール前。3番人気のワンダフルタウンが、内から伸びる1番人気のキングストンボーイを鼻差で退けた。

 昨秋に京都2歳Sを制したものの、その後は不安を抱える爪の治療に専念。皐月賞には間に合わなかった。「今年のクラシックは、この馬で」と期待する和田竜も、待つしかない日々が続いた。そんな相棒の復帰戦。「権利を獲らないと(賞金的にダービーには)出られないかも」という状況下でもあり、相当な思いで臨んだ。

 好発を決めると、難なく絶好のポジションを確保。「枠も良くて、いいところにつけられた。流れてくれて競馬もしやすかったね」。抜群の手応えを残して迎えた最後の直線。伸び伸びと走れる位置にエスコートすると、ラスト200メートルで先頭へ。そのまま接戦をものにした。

 「手応えほど伸びないのがパターンだったが、よく伸びてくれた。成長を感じたし、もっと良くなると思う」と、さらなる上積みを断言。そして、「勝って本番に出れるのが何より。皐月賞組は強いけど、胸を張って挑戦状をたたきつけられますね」と言い切った。

 「春先は難しいと思っていたけど、よくここまで…」と高橋忠師も感慨深げだ。左前脚を落鉄していながら、死力を尽くしての大きな勝利。「本番を楽しみにしてください」。主戦の言葉が頼もしく響いた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス