文字サイズ

グランアレグリアが大阪杯に参戦 コントレイルと初対決へ

 グランアレグリア
 コントレイル
2枚

 2020年の安田記念、スプリンターズS、マイルCSを制し、JRA賞の最優秀短距離馬に選出されたグランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和)の21年初戦が、大阪杯(4月4日・阪神)に決まった。3日、藤沢和師が明らかにした。同馬は1600メートルまでしか経験がなく、未知の距離である2000メートルに挑むことになる。

 現在は福島県のノーザンファーム天栄で放牧中。藤沢和師は「順調そうだよ。(オーナーサイドから)大阪杯だと聞いている。直行になると思う」と話した。オーナーのサンデーレーシング・吉田俊介代表は「高松宮記念も候補だったが、ルメール騎手の意見も聞いて、短い距離だと(位置が)後ろになってしまうし、この距離ならいいポジションを取れるから、という理由で決断しました」と説明した。同レースには20年のクラシック3冠馬コントレイル(牡4歳、栗東・矢作)も出走を予定しており、大きな注目を集めそうだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス