文字サイズ

熊本県産馬のルクシオン安楽死 調教中の事故で

 2020年の福島2歳Sを制し、阪神JF(10着)に出走した熊本県産馬ルクシオン(牝3歳、栗東・河内)が26日、栗東トレセンの調教中に事故のため、安楽死の措置がとられたことが分かった。所有するノルマンディーオーナーズクラブがホームページで発表した。

 同馬は角馬場で他馬の挙動に驚き放馬。地下馬道で壁に激突し、手術不可能な部位の左上腕骨骨折を発症したため、安楽死となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス