文字サイズ

【ボート】スタート時に鳥類が侵入 レースに影響はないが「珍しい」と関係者

 「2021マクールカップ」(10日、住之江)

 住之江ボート2日目1Rで珍事発生。スタート時に鳥類が侵入し、スリット写真にデカデカと写り込んでいたのだ。

 レースは問題なく行われ、1号艇で人気を背負った奥田誠(広島)がイン逃げで1着。3号艇で3コースの吉原聖人(広島)が2着に入り、2号艇で2コースの高倉孝太(福井)が3着。3連単(1)(3)(2)は1380円(3番人気)で決着した。

 レース後、関係者によると「珍しいですね」とのこと。鳥類が侵入することはあるが、スリット写真に写り込むのは、かなりのレアケースだったようだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス