文字サイズ

【ボート】20日から大村でSG・ダービー 好調な売り上げの目標は180億円

 「SG・第67回ボートレースダービー」が20~25日まで、長崎県のボートレース大村で開催される。このPRのため、大村市競艇企業局長の馬場宏幸管理者ら関係者が15日、キャンペーンガールの月中秋実さんを伴って東京都江東区のデイリースポーツを訪れた。

 勝率上位52人が出場する今大会は、最も歴史と権威のあるSG競走。初日のドリーム戦では年間勝率、優勝回数記録に挑戦している峰竜太(佐賀)、昨年のダービー覇者で、同メモリアルに続く大村SG連覇がかかる毒島誠(群馬)、地元からは原田幸哉、赤坂俊輔、桑原悠が出場して、ボートレース発祥の地を舞台に頂点を目指してしのぎを削る。

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、入場者は長崎県および佐賀県在住者で、事前公募抽選の当選者のみの各日2000人を上限とするが、公式YouTubeでは全レース完全生配信される。馬場管理者は「総額2100万円の電投キャンペーンもあります。なんとか売り上げ目標180億円を達成したい」と話していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス