文字サイズ

【競輪】山本伸一が燦々ムーンナイトカップV 2角まくりでG3初優勝

 「燦々ムーンナイトカップ・G3」(11日、松戸)

 開催最終日に決勝戦が行われ、12RのS級は、山本伸一(37)=京都・101期・S1=がG3初優勝を達成。目標のスーパールーキー・寺崎浩平(福井)が先行争いに敗れると、逃げる阿竹智史(徳島)の3番手に切り替え、最終2角からまくった。2着は永沢剛(青森)、3着には岩津裕介(岡山)が入った。11Rのガールズは、石井貴子(30)=千葉・106期・L1=が制した。

 デビュー9年目の山本がうれしいG3初優勝を成し遂げた。「今回の優勝は寺崎君の頑張りに尽きる。脚に余裕はあった。岩津さんを越えれば優勝だと思った」と喜んだ。

 決勝は準決に続いて、期待の新星・寺崎をマーク。残り2周から寺崎は大石剣士(静岡)と主導権争い。だが、打鐘で阿竹-岩津に内からすくわれると、寺崎は失速して後退。「寺崎君が突っ張る雰囲気だった。すくわれた後、入れてあげたかったけどキツい。非情な判断だけど、切り替えさせてもらった」と山本。俊敏に3番手へスイッチすると、最終2角から単独でまくった。

 次走は16日からの和歌山F1。「次も寺崎君と一緒。今度はワンツーが決められるように」と、好連係してラインでの活躍を誓った。

 また、ガールズ決勝は、地元の石井が勝負強さを発揮。まくる児玉碧衣(福岡)の後位を取り切り、直線で差し切った。「児玉さんの番手が取れてラッキーでした。地元のファンの声援がとても力になった」。次の目標は、昨年2着のグランプリ制覇しかない。「ガールズケイリン全体のレベルが上がっている。地道に努力していきたい」と意気込み新たにした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス