文字サイズ

【ボート】瓜生正義が平和島G1優勝 トップSで4コースまくり

 「トーキョー・ベイ・カップ・G1」(10日、平和島)

 開催最終日の12Rで優勝戦が行われ、雨中の決戦は瓜生正義(44)=福岡・76期・A1=が、コンマ15のトップSを決め、4コースまくりで完勝。8月の芦屋以来、今年4回目の優勝を飾り、優勝賞金1000万円(副賞含む)を獲得した。G1の優勝は4月の下関以来、通算20回目に到達した。2着は永田秀二、3着には白井英治が入った。

 今節初めてトップSが決まった。瓜生が4コースからスリットを踏み込み、まくりでVゴール。「奇跡が起きた。ビックリしている」と笑顔を見せた。

 台風14号の接近により、雨が降り続いた優勝戦。展示は枠なり3対3だったが、本番では山口が3カドの奇襲作戦。それでも瓜生は「足はいい状態だった。惑わされないように、自分のSを行ければ」と仕掛け切った。

 これで獲得賞金額は8327万円に達し、賞金ランキング7位に浮上。チャレンジカップはF休みのため、次節のダービーが賞金上積みのラストチャンスとなる。それでも「今回の結果は忘れて、賞金争いは気にせず走りたい」と気負いはない。2013年にダービーを制した平和島で、今回はG1獲りに成功。年末に控える当地グランプリへ、最高のリハーサルとなった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス