文字サイズ

【神戸新聞杯】ヴェルトライゼンデ末脚伸ばし2着 上がり3F最速!三冠阻止へ望み

 「神戸新聞杯・G2」(27日、中京)

 三冠阻止へ望みをつないだ。ダービー3着馬ヴェルトライゼンデが、直線外から鋭く末脚を伸ばし、ゴール直前でロバートソンキーをかわして2着。勝ち馬を上回る、上がり3F最速の35秒4を計時した。

 負けはしたものの、池添に悲観する様子はない。「18番枠で道中なかなか内に入れられなかったが、直線で外に出してからはいい伸び。次が楽しみになりました」と胸を張る。池江師も「熱発でスライドしたり、骨折があった中で2着に来てくれたから」と納得の表情だ。

 「三冠を獲るところを、このまま指をくわえて見ているわけにはいかないからね。可能性はゼロではない。いろいろと策を練りたい」とトレーナー。11年にオルフェーヴルで大輪を咲かせたコンビが、コントレイルの偉業に立ちはだかる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス