文字サイズ

【スプリンターズS】グランアレグリア、予定通り軽快走 藤沢和師「距離問題ない」

 「スプリンターズS・G1」(10月4日、中山)

 安田記念覇者グランアレグリアが24日、美浦Wに登場。終始、楽な手応えで5F67秒7-39秒0-12秒7を記録した。僚馬アブソルティスモ(3歳2勝クラス)に1馬身遅れたものの、休み明けを感じさせない軽快な走り。藤沢和師は「動きは良かったし、1週前追い切りとしては十分。ここまで予定通りだよ」と評価した。

 初めての6F戦となった高松宮記念は3位入線→2着。後方から馬群の大外を回ってメンバー最速タイの上がり3F33秒1をマークした。一番強い競馬をしたと言っていい。「道悪だったし、外を回ってスムーズさを欠いたからね」と師はレースを振り返る。「スピードはあるし、距離は問題ないよ」。安田記念でアーモンドアイを負かした実力を発揮し、スプリント界でも頂点を狙う。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス