文字サイズ

デアリングタクト、無敗牝馬三冠へ 帰厩後初コース追いに松山「動き良かった」

 秋華賞(10月18日・京都)に直行するデアリングタクトが24日、栗東CWを馬なりで駆け抜け、6F85秒2-39秒1-12秒7を計時した。

 帰厩後初のコース追いに、主戦の松山は「久々に乗りましたけど、動きは良かった。馬体も大きくなっている。そんなに操縦性も変わっていない」と、たくましくなった馬体に目を細める。史上初の無敗牝馬三冠へ-。偉業達成がより現実味を帯びてきた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス