文字サイズ

【POG】超軽量メロディーレーンの半弟タイトルホルダーが戸崎圭で東京デビューへ

 サラブレッドとしては異例とも言える“超軽量”ながらも奮闘を重ねる姿が競馬ファンの共感を呼び、話題を集め続けているメロディーレーン(牝4歳、栗東・森田)の半弟にあたるタイトルホルダー(牡2歳、美浦・栗田)が、10月11日の東京5R新馬(芝2000メートル)でデビューする予定であることが17日、明らかになった。鞍上は戸崎圭を予定している。

 メロディーレーンは18年10月に京都でデビュー(10着)した際が336キロ。勝ち上がるまで10戦を要したが、1勝クラスを2戦目でクリア(レコード)すると、その直後に臨んだ19年菊花賞ではメンバー最速タイの上がり3Fを記録しワールドプレミアから0秒4差の5着に好走している。当時の馬体重も340キロ。まだ2勝クラスの身ながら、今年は阪神大賞典(5着)、天皇賞・春(11着)にも参戦して話題を集めた。

 父がオルフェーヴルからドゥラメンテに変わった弟タイトルホルダーは、推定馬体重が姉よりも100キロ以上“増量”。栗田師は「470キロくらいあり、姉よりはるかに大きい。それに能力も感じますね」と期待を寄せる。中間は美浦の坂路とウッドコースを併用し、順調に追い切りを消化。今後の動向が注目される。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス