文字サイズ

セレクトセール、コロナ禍も取引総額史上2位に 吉田勝己代表「本当に驚き」

 「セレクトセール2020」(13日、ノーザンホースパーク)

 初日は1歳馬249頭が上場。新型コロナの影響により、セリに登録した馬主数は前年比10%減、海外からのバイヤーの姿もなかった(日本在住の代理人のみ)が、例年と変わらぬ活況ぶり。とりわけ昨夏急死したディープインパクトの子は軒並み高値で取引され、「シーヴ19」(牡)が1歳セリ史上最高額となる5億1000万円で落札されるなど残された希少な血を巡ってし烈な争いが展開された(※価格は全て税抜き)。

 初日の取引総額は、史上2位となる104億2800万円。1歳馬セリ史上最高額だった昨年の107億3200万円には及ばなかったものの、コロナ不況を全く感じさせない売り上げを記録した。1頭あたりの落札価格も4554万円(昨年は4834万円)と高水準。落札率は92%だった。日本競走馬協会理事を務めるノーザンファームの吉田勝己代表は「結果は期待していなかったので、本当に驚きです。当歳にもいい馬がたくさんいるので、このままあすにつながっていけたら」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス