文字サイズ

【新馬戦】良血ヨーホーレイクがV「非常に気性が素直」と武豊

 「2歳新馬」(阪神5R・芝1800m)

 08年生まれのボレアスから、11年連続でディープインパクトの遺伝子にこだわり続けた血統馬が期待通りの走りを見せた。武豊騎乗の1番人気ヨーホーレイク(牡、父ディープインパクト、栗東・友道)が、1分51秒4のタイムでメイクデビューを快勝。ゆったりしたスタートから道中で4番手まで押し上げると、直線はしっかりした脚取りで後続の追撃を封じ込んだ。この勝利で母クロウキャニオンの産駒は07年キラウエア(父キングカメハメハ)から12世代全てが勝ち上がり、13年ラベンダーヴァレイから6世代連続の新馬勝ちとなった。

「非常に気性が素直で、調教通り、最後までしっかりと走ってくれました。まだ全体的に幼いから、本当に良くなるのは先だと思います」と武豊騎手は振り返った。

 なお、3/4馬身差の2着は2番人気のセファーラジエル、さらに2馬身半差の3着には5番人気のピエスが入った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス