文字サイズ

【日本ダービー】サリオス悔し2着…決定的3馬身差 レーン「折り合いはついていた」

 「日本ダービー・G1」(31日、東京)

 またも悔しい銀メダル-。中団から運んだ2番人気のサリオスは、直線で勝ち馬を必死に追うも、その背中は遠ざかるばかり。3馬身という決定的な差をつけられた。

 レーンは「直線で(他馬に)若干外に持っていかれてしまった。それが痛かったよ。最後までいい反応を見せてくれた。スタートは良くて、道中もいい感じだったんだが…」と無念そうに振り返る。「いつも1頭、強い馬がいますねえ」とコントレイルの強さを認めつつも、「リラックスして走っていたし、折り合いはついていた」と相棒の成長ぶりに目を細めた。

 今後のローテは未定だが、秋は菊花賞(10月25日・京都)へ行くのか、それとも距離適性を考慮して天皇賞・秋(11月1日・東京)、マイルCS(11月22日・阪神)あたりを目指すのか-。動向に注目が集まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス