文字サイズ

【日本ダービー】コントレイル騎乗の福永祐一「胸の高鳴り感じる」会見一問一答

 「日本ダービー・G1」(31日、東京)

 栄光の空へ、飛び立つ準備は整った。無敗で“皐月賞&ダービー”の2冠制覇を狙うコントレイルが27日、栗東坂路で最終追い切りを敢行。前走の反動も感じさせず、元気いっぱいに駆け上がった。驚異の成長力を見せる皐月賞馬。05年の父ディープインパクト以来、史上7頭目となる偉業達成へ、遮るものは何もない。以下、鞍上・福永の会見での一問一答。

  ◇  ◇

 -皐月賞を振り返って

 「距離ロスはありましたが、外から非常にいい脚を使ってくれた。今までとは違うレーススタイルで勝ち切ってくれたので、距離を含め、いろいろな面で幅が広がりました」

 -1週前追い切りの動きはどうだった

 「良かったですよ。追い切り後の息遣いも良かったですし、モタれる面もなかった。非常に順調に調整できていると感じました」

 -東京コースは

 「2戦目の重賞で強い勝ち方をしている。全く問題ないと思う」

 -距離が延びるが

 「皐月賞の前に牧場、厩舎と連携して、フォームを変えてもらえた。あの走りであれば距離の融通は少し利かせられると思います」

 -スタートについて

 「もともとスタートはいい馬。楽に流れに乗れるようなら、無理に下げる必要はないと思っている」

 -枠順の希望は

 「どこでもいいです」

 -最後に意気込みを

 「無敗の皐月賞馬で臨むので、1番人気で迎えることになりそう。そういった馬でダービーに参戦できるのは名誉なこと。先週の競馬が終わってから、横隔膜が上がってくるような、胸の高鳴りを感じる時がある。自分自身も楽しみたいですね。馬に関しては、継続してコンビを組んでいて不安な点はない」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス