文字サイズ

【高松宮記念】グランアレグリア女王の座射止める!準備着々、池添「楽しみ」

 「高松宮記念・G1」(29日、中京)

 芝1200メートルは今回が初めてとなるグランアレグリア。ディープインパクト産駒は6F戦のG1未勝利というデータを抱えているが、藤沢和師は「中京コースなら千二でも直線は長いし、問題ない」と全く気にしていない。

 その韋駄天ぶりは、デビュー当初から際立っていた。新馬戦で1分33秒6の好時計を記録し快勝。のちの2歳女王ダノンファンタジーを子供扱いにしている。「2歳の6月にあんな時計で走っているんだからな」と師は目を丸くした。

 1週前追いにまたがったのは、初コンタクトとなる池添。美浦Wで5F69秒4-12秒6(馬なり)。ゆったりとした流れに折り合って、直線は素晴らしいバネを披露。馬体の緩みもなく、完璧な仕上がりだ。「雰囲気がある馬で、繊細なところがあるというのはつかめた。前走も上手に立ち回ってあの勝ち方だし、楽しみ」と武者震い。「ハミ受けが敏感で、すぐ反応してしまう。優しく乗らないと」と実戦でのイメージを浮かべた。

 前走の阪神Cは鋭い末脚を繰り出して5馬身差V。久々となるが、「休み明けで桜花賞を勝っているように、気のいい馬で久々は大丈夫」とトレーナーは涼しい顔。スプリント女王の座を見据え、着々と態勢は整いつつある。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス