文字サイズ

【ボート】尼崎で26日からG1開催 総額315万円のキャッシュバックキャンペーン

 開設67周年記念「G1・尼崎センプルカップ」が26日から31日まで、兵庫県のボートレース尼崎で開催される。このPRのため、尼崎市公営企業局の小椋修ボートレース事業部長ら関係者が23日、大阪市のデイリースポーツを訪れた。

 大きな注目を集めるのは、初日12R「センプルドリーム」へ1号艇で出場する兵庫支部のエース・吉川元浩だろう。22日に平和島で行われた今年最初のSG・ボートレースクラシックで史上2人目の連覇を達成。そして今回も、大会連覇を目指す戦いになる。地元へがい旋し、ファンの期待に応えてみせるか。

 もっとも、ライバルはかなり濃密だ。2日目12R「ぶるたんドリーム」の1号艇は昨年MVPの石野貴之(大阪)で、これに対する2号艇の白井英治(山口)、4号艇の峰竜太(佐賀)ら5人はゴールデンレーサー賞受賞者。「SGと見まがう顔触れ。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客レースとなることが残念です」と小椋部長が話すのも納得がいく。超ハイレベルの攻防は必至だ。

 ボートレース尼崎電話投票CLUB『アマチャン』にエントリーし、節間の舟券購入額に応じて総額315万円が610人に当たるキャッシュバックキャンペーンは見逃せない。売り上げ目標は40億円に設定している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス