文字サイズ

【競輪】平原康多が松山G3制覇 圧巻の逃げ切りで今年早くも記念V2

 「金亀杯争覇戦・G3」(15日、松山)

 平原康多(37)=埼玉・87期・SS=が打鐘4角カマシで押し切り優勝。1月の大宮記念以来、通算では22回目のG3優勝を果たした。2着に諸橋愛(新潟)、3着に松浦悠士(広島)が入った。なお、6Rのブロックセブンは地元の佐々木豪(愛媛)が制した。

 ライバルを力でねじ伏せた。平原が打鐘4角から一気にカマシして先行し、そのまま押し切り優勝。「バックくらいでは諸橋さんの優勝かと思ったけど、まさか逃げ切れるとは」と今年2回目の記念優勝に笑顔を見せた。

 レースは赤板でインを切った松浦を先頭に打鐘を迎えたが「松浦君が待っていたし、根田君に行かれるとチャンスがない。腹をくくった」と4番手からすかさず踏み上げ、主導権を奪取。別線を完封する力強い内容でVゴールを駆け抜けた。

 「昨年はフレームで試行錯誤してレースで失敗したが、その失敗がつながっている。自分のしたい走りができるようになってきた」と確かな手応えを得ている平原。次走のG2・ウィナーズカップ(26~29日・福井)でも強さを存分にアピールする。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス