文字サイズ

【POG】ミティルが6馬身差で楽勝 武豊「全く危なげなかった」

 「新馬戦」(23日、東京)

 東京2Rで米国産馬ミティル(牝3歳、父ヴェラザノ、母ブルーバードレイディ、栗東・野中)が、悠々と逃げ切り1番人気に応えた。五分のスタートから、二の脚の速さでハナヘ。最後は手綱を押さえる余裕すら見せながら、後続に6馬身差をつけた。

 武豊は「全く危なげなかった。能力は高い」と称賛。野中師は「体形的に距離は持ちそう。これからうまく育てていきたい」と将来を見据えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス