文字サイズ

【クイーンC】ルナシオン、鞍上・ルメールが絶賛「めちゃくちゃ手応えいい」

 「クイーンC・G3」(15日、東京)

 大物候補の登場だ。ルメールを背にしたルナシオンは12日、美浦Wへ。ハウメア(6歳オープン)を2馬身先行させて駆け出すと、直線は内からじっくり並びかける。鞍上がガッチリ手綱を抑えながら、余力を十分に残したまま併入でゴール。5F70秒2-41秒5-12秒9に、初コンタクトだったルメールは「めちゃくちゃ手応えがいい。さすがはディープインパクト(産駒)。ポテンシャルは高そう」と手放しで絶賛する。

 19年10月の新馬戦は上がり3F34秒3の末脚を発揮してV。藤沢和師は「時計じゃ測れない脚を使った」と目を丸くする。「使いだしを待った分、ここに来て成長が追いついてきた。いきなりオープンでも通用するよ」と自信満々。再び衝撃の追い込み劇を見せてくれそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス