文字サイズ

【共同通信杯】ビターエンダー 強敵撃破だ 登竜門制してクラシックの主役候補へ

 「共同通信杯・G3」(16日、東京)

 厩舎の期待馬ビターエンダーは、前走の京成杯に続き2度目の重賞挑戦。スムーズさを欠く内容で4着に敗れたが、最後は力強く伸びており、3着馬とはわずか首差。重賞でも通用する力を示したと言える。

 陣営は素質の高さを信じて疑わない。「先生がクラシックにどうにかして出したいと思う気持ちは、自分も一緒」と語るのは荒木助手だ。前走のプラス12キロについては「太いというわけではないです」と意に介さず。「前走後に少し疲れは見られたけど、問題なく来ていますし、今回も同じか少し減るくらいで出せると思う」と見通した。

 デビューから手綱を握ってきた津村が京都記念でカレンブーケドールに騎乗するため、今回はミナリクが代打を務めるが、同助手は「癖のない馬ですからね。そういう点でも乗り代わりは問題ないと思います」と涼しい顔だ。西から参戦する3戦無敗のマイラプソディなど、登竜門レースらしく強敵ぞろい。しかし、白旗を上げるつもりは毛頭ない。勝って主役候補に躍り出る構えだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス