文字サイズ

【根岸S展望】コパノキッキングが連覇を狙う

 「根岸S・G3」(2日、東京)

 コパノキッキングが連覇を狙う。昨年は初コンビのマーフィーを背に鮮やかな差し切り勝ち。4連勝でカペラSに続く重賞連勝を決めた。その後は藤田菜七子が騎乗し、続くフェブラリーSは5着に敗れたが、重賞2勝を挙げるなど活躍。今回は1年ぶりにマーフィーが騎乗。村山師は「前走後も順調に来ている。実績のある条件だし、楽しみにしている」と気合が入る。

 ミッキーワイルドの上昇ぶりが著しい。霜月Sでオープン初V。前々走のプロキオンSでも2着と好走し、重賞でもメドは立っており、目下7戦連続で連対中。1週前リハでも力強い動きを披露し、「まだ太いけど、このひと追いと今週追えば絞れる」と安田隆師は胸を張る。

 強力な末脚が武器のワンダーリーデル。昨年の武蔵野Sで重賞初制覇を成し遂げるなど、東京コースは実績を残している。安定感が光るスマートアヴァロン、他ではすばるSで2年2カ月ぶりの勝利を挙げたダノンフェイス、すんなり逃げられれば相当しぶといドリームキラリ、初のダートに挑む18年の安田記念覇者モズアスコットの矢作勢2頭も侮れない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス