文字サイズ

【日経新春杯】タイセイトレイル 飛躍のV発進だ!リフレッシュ効果で漂う好気配

 「日経新春杯・G2」(19日、京都)

 G1初挑戦となった前走のジャパンCでは15着と大敗を喫したタイセイトレイル。長めの距離にシフトチェンジした昨年は堅実さが光り、11戦してそれが唯一の馬券圏外だったが、「状態は良かった。(重い)馬場と、スタートを出たときに両方から挟まれたのが…。ミルコも“前に進んでいかなかった”と言っていたしね」と久保助手。敗因は明確だ。

 中間は放牧へ。「いい感じで帰ってきた」とリフレッシュ効果は十分。1月10日の1週前追い切りでは、中谷(レースは川田)を背に栗東坂路を単走。強めに追われて4F53秒2-38秒1-12秒7をマークした。鞍上が「今回も良さげ」と話したように、引き続き好ムードを漂わせる。

 戦いの舞台は当日輸送の淀へ。「ポイントはイレ込みかな」と依然、精神面には課題を残すが、「時計のかかる京都は合う」と現状の馬場状態はプラスに捉えている。「飛躍の年になると思う」。悲願のタイトル奪取で、ブレークへの“足跡”を残す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス