文字サイズ

【京成杯】良血スカイグルーヴ、牡馬一蹴だ クラシックに弾みつける走りを

 「京成杯・G3」(19日、中山)

 良血馬のスカイグルーヴがクラシックへ向けて弾みをつける。祖母アドマイヤグルーヴは03、04年とエリザベス女王杯を連覇。母アドマイヤセプターは重賞勝ちこそなかったが5勝を挙げ、全弟には15年の皐月賞、ダービー馬ドゥラメンテがいる。父エピファネイアも日米オークス馬のシーザリオを母に持ち、13年菊花賞、14年ジャパンCとG12勝。半弟には19年皐月賞馬サートゥルナーリアがいる。血統背景は超一流だ。

 19年11月の東京でのデビュー戦が圧巻だった。押し出される形でハナに立つと、1000メートル通過62秒3のスローペースに持ち込む。直線半ばで軽く仕掛けると、後続を一気に引き離して5馬身差をつけた。木村師は「やってしまったと思ったが、ラスト1Fで伸びていたでしょ。あれはびっくりしたね。たれるだろうと思って見ていてあの結果。すごいなあと」と想像を超える能力の高さに驚きを隠せなかった。

 調整は万全だ。帰厩は19年末だったが、放牧中も緩めておらず太め感はない。牡馬を蹴散らして、存在感を見せつける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス