文字サイズ

菜七子が今年2勝目 1番人気に応える

2枚

 前日に見習い騎手卒業となる通算101勝(うちJRA所属馬による地方交流10勝)を挙げた藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本=が、2日連続勝利を挙げた。12日の中山5R(3歳未勝利)で1番人気のピーエムピンコ(牝3歳、美浦・和田郎)を道中4、5番手で導き、最後の直線で外に持ち出すとグイグイと伸びてV。今年2勝目で、JRA通算では92勝とした。

 菜七子は「相手が前だと思ったので、少し早めに出していきました。1戦ごとに馬が良くなっているのを感じています。小柄(400キロ)だけど、成長してくればもっと良くなると思います」と語った。13日は今年の重賞初騎乗となる中山11R・フェアリーS(ニシノステラ)で自身JRA重賞2勝目を狙う。また、次週18日からは2キロ減での騎乗となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス