文字サイズ

【POG】レッドフラヴィアが4馬身差の完勝

 「2歳新馬」(24日、京都)

 芝1800メートルの一戦は1番人気レッドフラヴィア(牝、父ダイワメジャー、栗東・平田)が、1分48秒7のタイムで完勝。道中は好位のインで脚をため、直線は馬場の真ん中を瞬時に抜け出してライバルを一蹴した。祖母は英G1・ヨークシャーオークスの覇者で、異父姉に今年のマーメイドS2着馬レッドランディーニがいる血統。騎乗した北村友一騎手は「道中はすごくリラックスして走っていたし、上手に競馬をしてくれたと思います。切れるタイプじゃないので、これくらいの距離で平均ペースで流れた方がレースはしやすいと思います」とセンスを称賛した。

 なお、4馬身差の2着は逃げて粘り込んだ11番人気バビット、さらに首差の3着には5番人気メイショウコジョウが入った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス