文字サイズ

【競輪】小林優香完封でガールズGP切符「気持ちで踏み勝った」

 「ガールズグランプリトライアル2019」(21日、小倉)

 ガールズグランプリトライアルはA(トパーズ)が小林優香(25)=福岡・106期・L1=の初優勝、B(アメジスト)が梅川風子(28)=東京・112期・L1=の連覇で幕を閉じた。

 小林優がガールズグランプリ出場への切符を手にした。「チャンスをもぎ取れたのは大きい。喜びよりもホッとしています」とレース後はナショナルチームのブノアコーチのハグで祝福を受けた。

 レースは打鐘で6番手となるが、先に仕掛けた大久保、高木の動きをじっくり見て進出。大久保の上をまくる高木をねじ伏せ、小林優の後位を追走した石井がゴール前で迫るも「気持ちで踏み勝った」とライバルを振り切り優勝を決めた。

 自転車競技との両立で多忙な小林。今後はグランプリの前にはW杯を3戦する過密な日程となる。「気持ちを切り替えてケイリン、スプリントでメダルを取りたい」とこの優勝だけでなく、世界の舞台での実績を残し、2015年以来となるガールズグランプリ制覇へ挑む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス