文字サイズ

【エ女王杯】ラッキーライラック力強さ見せた スミヨン好印象、久々Vへ気合

 「エリザベス女王杯・G1」(10日、京都)

 ラッキーライラックは6日、新しくコンビを組むスミヨンと栗東CWで最終追い切りを行った。ウレキサイト(3歳1勝クラス)を2馬身追いかける形で進め、直線で内に入ると力強く伸びて併入した。6F82秒2-38秒6-12秒6。鞍上は「先週、目いっぱいのケイコは済ませてあるので、確かめる程度に。(併せた馬を)一瞬にして抜いてしまう面があるので注意してほしいと。じわりと伸びていましたし、乗りやすい」と好印象を持った様子だった。

 無傷の3連勝で阪神JFを制した2年前の2歳女王。続くチューリップ賞で4連勝を飾ってから約1年8カ月、勝ち星から遠ざかっている。秋初戦だった前走の府中牝馬Sは3着。何とかトンネルから脱出したい。松永幹師は「ここまで予定通りの調整ができています。リラックスしていい動きでした。このメンバーでも展開ひとつだと思っていますし、大きな力差はない」と気合が入っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス