文字サイズ

【POG】新馬総括2日 ディープ娘クーファイザナミが新馬勝ち ヴェロックス妹は惜敗

 先週土曜日は東京、京都の2場で計5レースが行われ、東京ではディープインパクト産駒のクーファイザナミがデビュー勝ち。京都ではエピファネイア産駒のクラヴェルが新馬戦を勝利で飾った。

 東京5R(芝1600m)は、好位のインで脚をためた2番人気のクーファイザナミ(牝、父ディープインパクト、栗東・武幸)が、直線でラチ沿いを伸びて差し切り勝ち。ダートでオープンまで出世したゼンノサーベイヤー(父マインシャフト)を兄に持つ血統馬が期待通りの初陣を飾った。勝ちタイムは1分37秒1。3/4馬身差の2着はヴェロックスの妹で1番人気に推されたディヴィニティ。さらに3/4馬身差の3着には3番人気のシェーネメロディが入り、人気馬が上位を独占した。ルメールは「小さいがフットワークが速く、スタートからスピードを見せてくれた。かわいくて真面目な馬」と前向きな気性を評価。武幸師も「気持ちが強い馬。次走は馬の様子を見て」と話した。 (採点・★★★☆☆)

 同じく東京の6R(ダート1600m)は、好ダッシュから2番手に控えたルメール騎乗のアメリカンベイビー(牡、父ベルナルディーニ、栗東・庄野)が、単勝1・7倍の1番人気に応えて快勝。残り400mで逃げ馬をかわして先頭へ。そのまま後続を引き離すと、2着の3番人気アイアムイチリュウに5馬身差をつけてゴールした。勝ちタイムは1分38秒9。ルメールは「スタートが速かったし、2番手でリラックスして走れた。長くいい脚で伸びてくれました」と絶賛。庄野師は「調教からスタートは速かったし、スピードの乗りも良く、うまくいきました。ダート向きだと思います」と喜んだ。(採点・★★★★☆)

 一方、京都では5R(芝1600m)で、4番人気クラヴェル(牝、父エピファネイア、栗東・安田翔)が、重賞3勝を挙げた母ディアデラマドレの主戦・藤岡康を背にデビュー戦を快勝。中団待機から直線は外へ。左ステッキに応えてグングン加速度を上げ、鋭く抜け出した。勝ちタイムは1分35秒2。藤岡康は「強かったですね。気が難しい血統だけど、この馬は素直。しまいの脚は母に似ていいものを持っている」と満足げ。安田翔師も「追い切りでも動きの良さを感じていた。レースは満点」と笑顔を見せた。今後は放牧に出て次走を決める。 (採点・★★★☆☆)

 ダート1400mの6Rでは、サウスヴィグラス産駒の2番人気マティアス(牡、栗東・本田)が先行策から抜け出して快勝。併走する形だった1番人気ハリーバローズを直線半ばで競り落とし、後続の追い上げも余裕を持って封じた。勝ちタイムは1分26秒1。和田は「追い切りでは気難しいと思っていたが、競馬ではそんなことはなかった。最後は余裕があった」と好走をたたえる。本田師は「追って伸びてくれた。次走はしばらく様子を見てから」と語った。 (採点・★★★☆☆)

 7R(芝2000m)は紅一点で5番人気のアンサンブル(牝、父ヴィクトワールピサ、栗東・杉山)が、勝負根性を発揮してV。2番手先行の形から、直線は外から追った1番人気ファルコニアとの追い比べに。いったんは鼻面が並んだシーンから、和田のアクションに応えてひと伸びを見せ、首差で攻防を制した。勝ちタイムは2分3秒5。和田は「切れ負けしそうだったので、できれば前へと思っていた。操縦性がいい馬で、うまくペースをつくっていけましたね」と振り返る。杉山師は「勝負根性を見せてくれました」と笑顔だった。今後は未定。 (採点・★★★☆☆)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス