文字サイズ

【ききょうS】カーフライターク脚取りしっかり 高野師「芯が入った感じ」

 「ききょうS」(21日、阪神)

 18日、栗東坂路に登場したカーフライタークは、1本目をキャンターで駆け上がり、2本目に4F54秒4-39秒4-12秒3をマーク。坂路2本乗りは高野厩舎のスタンダード。単走でしまい重点に追われ、しっかりとした脚取りで駆け上がった。

 動きを見守った高野師は「良かったと思います。メリハリが利いていましたしね。放牧から帰厩後も順調に来ています」と満足げ。「1回競馬を使ったことが刺激となって、芯が入った感じがします」と力強くうなずいた。

 初戦は好位3番手を進み、直線で後続を6馬身突き放す圧勝劇。それでも、指揮官は「心身ともに千二にフィットできていたかと言えば何とも…。かと言って、全然駄目な内容ではなかった。最後は馬の能力と、ジョッキーのエスコートで勝ち切ってくれた」とVにも手厳しい。

 それはもちろん、期待の裏返し。好素材の2戦目に「初戦同様、まずは無事に競馬をしてほしい。そして、精神的にフィットできるかどうか。ここも内容重視で」とさらなる進化を期待していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス