文字サイズ

【芙蓉S】オーソリティ攻めた 良血発揮へ準備万端

 「芙蓉S」(22日、中山)

 意欲的に攻めた。7月7日の函館新馬戦を勝ったオーソリティが18日、美浦Wで3頭併せを行った。長めから追われ7F99秒5-39秒4-11秒9をマーク。併せたモンテグロッソ(4歳2勝クラス)に4馬身先着し、ヴァンクールシルク(5歳2勝クラス)にはスタートで3馬身追走しながらも最後は併入に持ち込んだ。木村師は「順調ですよ」とうなずく。

 祖母が05年の日・米オークスを制したシーザリオ。近親には13年菊花賞、14年ジャパンCを制したエピファネイア、18年ホープフルSと今年の皐月賞覇者で、今週の神戸新聞杯に出走するサートゥルナーリアがいる。師は「頑張ってほしいですね」と期待を寄せる。奥の深さを感じさせる血統の素質馬が、デビュー2戦目でどんな走りを見せるか注目だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス