文字サイズ

【地方競馬】ストライクイーグルが東京記念制覇 強さを見せつけて重賞初V

 「東京記念・S1」(18日、大井)

 開催3日目の11Rで行われ、3番人気のストライクイーグルがJRAから転入2戦目で重賞初制覇を果たした。道中5、6番手から早めに抜け出して押し切った。中団待機から徐々に進出した1番人気のセンチュリオンが1馬身2分の1差の2着に食い込み、先に動いた7番人気のスギノグローアップが3着に粘った。

 JRA5勝の実績はダテではない。手綱を取った吉原寛は「案外、早めに前をつかまえたので、直線は長く感じました。しっかり勝利を得られたので、次につなげたいと思う」と相棒をたたえた。

 完勝だった。道中は5、6番手を追走。2周目の3コーナーで前団を射程圏に入れる。4角でヤマノファイト、スギノグローアップをとらえて先頭へ。直線で早めに抜け出すと、そのまま後続の猛追を封じて先頭でゴールを駆け抜けた。

 好メンバーがそろった一戦を制し、能力の高さをアピール。「直線で抜け出してからは“こらえてくれ”と。強い馬だなと思いました。次走はオーナーサイドと話して決めたい」と藤田輝師。実りの秋へ向けて力強い一歩を踏み出した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス