文字サイズ

【ボート】三国ヤングダービーカウントダウンコラム5

 「ヤングダービー・PG1」(18日開幕、三国)

 今井が地元水面で最後のヤングダービーに臨む。来年は30歳を迎えるため、今年で“卒業”。ラストチャンスで初G1タイトルを目指す。

 8月のレディースチャンピオンでは優出3着。「足は優勝戦が一番良かった」とエンジンを仕上げ、3コースからまくり差しで栄冠にあと一歩まで迫った。2節前のからつでは“ほぼ女子戦”とはいえ、ここでも優出3着。男子選手が1、2着を占めた中で、女子選手では最先着した。「最近はペラが分かっていない」と話すが、近況のリズムはいい。

 地元の三国では前回6月のW優勝戦で優出2着。優勝実績こそないが、コンスタントに活躍している。「地元だからというわけではないけど、やりやすいことは、やりやすいと思う」と調整面のアドバンテージもある。

 ヤングダービーは歴史が浅いこともあり、まだ女子の優勝者は誕生していない。しかし、昨年の浜名湖では大山千広が優出(6着)。準優のベスト18には女子5人が名を連ねた。男女混合G1とはいえ、女子選手の活躍が期待できる。

 ヤングダービー出場は2年ぶり3回目。それを地元で迎えられることに「楽しみという気持ちはある」と待ち望んできた。持ち味のS力を生かし、攻めるレースでG1初優勝へ突き進む。(岡 浩司)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス