文字サイズ

【セントライト記念】ニシノデイジー復活Vだ 勝浦は気合「勝ちを意識して」

 「セントライト記念・G2」(16日、中山)

 ニシノデイジーは12日、ダービー以来のコンタクトとなる勝浦がまたがり、美浦Wで単走追い。残り4Fから徐々にピッチを上げ、直線は馬なりながらも体全体を使った力強いフットワークで走り抜けた。

 5F67秒4-39秒0-13秒1とタイムは目立たないが、動き自体は休み明けを感じさせないものだった。高木師も「やんちゃな部分が徐々に解消されてきて、どっしりしてきた感覚があります」と成長を感じ取っていた。

 春シーズンは苦戦が続き、皐月賞ではまさかの17着に大敗。しかし、初めてメンコを着用したダービーで5着に入り、復活のきっかけをつかんだ。今回は菊花賞へ向けて大事な一戦になるだけに、勝浦の表情も自然と引き締まる。「乗りやすかったし最後もグイグイと伸びていた。ダービーで改めて力のあるところを見せてくれたし、ここは勝ちを意識していきたいですね」と気合を込める。辛酸をなめたハービンジャー産駒が、最後のクラシック獲りへ弾みをつける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス