文字サイズ

【アスター賞】サクセッション押し切り完勝 国枝師「先々が楽しみ」

 「アスター賞」(7日、中山)

 1番人気のサクセッション(牡2歳、美浦・国枝)が向正面で先頭に立つと、4角で後続を引きつけてから直線でスパート。そのまま押し切ってデビューから2連勝を飾った。

 ルメールは「ペースが遅かったからね」と振り返り、「距離はピッタリ。スピードがある馬で、本当は馬の後ろにつけた方がいい。直線もいい脚を使ったよ」と内容を評価。国枝師も「いい意味で余裕があっていい。先々が楽しみだよ」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス