文字サイズ

武豊が英ダービー4着馬で凱旋門賞参戦「日本馬を負かす」

 武豊騎手(50)=栗東・フリー=が、欧州の名門であるエイダン・オブライエン厩舎のブルーム(牡3歳)で凱旋門賞・仏G1(10月6日・パリロンシャン、芝2400メートル)に参戦することが21日、明らかになった。外国馬ではホワイトマズル(6着)、サガシティ(3着)に続く3度目の挑戦。結果次第だが、その後は同騎手でジャパンC(11月24日・東京)に向かう予定だ。

 武豊は「すごい話をいただいた。ビッグオファー。エイダン・オブライエン厩舎の馬に乗れるのもなかなかない。光栄です」と目を輝かせた。同馬は現在、クールモアが所有しており、既に重賞を2勝。英ダービーも、2番人気で4着に入った。次走は、ライアン・ムーア騎乗でセントレジャー・英G1(9月14日・ドンカスター、2900メートル)に参戦する方針だ。

 その後、JRA馬主のキーファーズ・松島正昭氏が同馬の権利の一部を取得し、共同オーナーとなることで今回のコンビが実現した。松島氏は「私は馬主になってから終始一貫、“夢は武豊騎手で凱旋門賞を獲ること”と言い続けてきました。その第一歩です」とコメントした。

 武豊は、クリンチャーで参戦した昨年の凱旋門賞当日のジャンリュックラガルデール賞・仏G1(芝1600メートル)を現地観戦。「その時も2着だったし、英ダービーも2着とは横一線。もし調教に乗るなら、バリードイル(調教場)で乗るのも初めて。ワクワクします。日本馬を負かす意気込みで乗りますよ」と力を込めた。凱旋門賞初制覇を狙う日本馬にとって、大きな壁となるかもしれない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス