文字サイズ

【POG】エカテリンブルク最後ひと伸びV 武豊は勝負根性を評価

 「新馬戦」(11日、札幌)

 札幌5Rで中団からレースを進めた1番人気のエカテリンブルク(牡2歳、父ブラックタイド、母ファイナルスコア、栗東・友道)が、3コーナーから徐々に進出し、ゴール前でグイッと伸びて抜け出した。

 武豊は「フワフワしている走りだったが、最後に馬体を併せたらスイッチが入った。能力はありますね。距離は全然大丈夫」と勝負根性を評価。友道師は「まだ体も緩いですしこれからですね。放牧に出して秋までひと息入れます」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス