文字サイズ

【オート】川口の黄金ルーキー・上和田拓海が準決勝戦に進出

 「川口市営6回1節」(21日、川口)

 超新星の上和田拓海(23)=川口・34期=が、開催2日目10Rの準々決勝戦Aで2着に逃げ粘り、勝ち上がり権利を得たデビュー3節目で、いきなり準決勝戦進出を果たした。

 試走で自己最高の3・36を出して、初日12Rの選抜予選に続く1番人気。好スタートで快調に逃げたが、エンジン抜群の泉田修佑(川口)が差を詰め、3周3コーナーで差して1着。それでも上和田は抜かれてからも踏ん張って、3着の大木光(川口)に18メートルの差をつけて次位を確保した。

 「試走からうまく逃げればと思ったんですが、泉田さんが速すぎました。でも準決進出が今節の目標だったので、とりあえずクリアできて良かったです。準決はタイヤを替えて臨みます」と気持ちを切り替えた。

 デビューからの成績は10戦6勝、2着3回、4着1回。勝率60%、2連対率90%と黄金ルーキーぶりを発揮している。22日の準決勝戦で2着以内に入って優出すれば、いきなり優勝の快挙が見られるかもしれない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス