文字サイズ

【ボート】SGで超高額配当が続発 今度は歴代3位の21万円舟券

 「オーシャンカップ・SG」(14日、とこなめ)

 初日にSG史上最高配当が飛び出したオーシャンカップで再び大波乱。5日目6Rで3連単21万4760円のSG史上3位の超高額配当が飛び出した。3連単の賭式120通りの120番人気だった。

 レースは6コースの松尾拓(30)=三重・114期・A1=が、まくり差しで1着。4カドの森高一真(香川)が握って攻め、5コースの山本寛久(岡山)もまくり差しを狙う展開に乗じて、松尾が艇間を鮮やかに抜け出した。2着は山本、3着は3周1Mで森高に競り勝った今垣光太郎(福井)で3連複、2連単、2連複も最低人気の決着になった。

 松尾は今回がSG初出場で、これがSG初1着。レース後にはボートレース恒例の水神祭が行われ、選手仲間たちの手によって救助艇から水面に投げ込まれて手荒い祝福を受けた。「今回、最低でも水神祭は飾りたいと目標にしていた。本当は予選のうちに決めたかったけど、それでもうれしい」と笑顔をみせていた。

 今回のオーシャンカップでは初日10Rで3連単30万4770円のSG史上最高配当を記録している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス