文字サイズ

Dr.コパ氏が、愛馬コパノキッキングの韓国遠征も示唆

 7日の福島2Rで、藤田菜七子騎手が3番人気のコパノビアンカで快勝。帰国後初Vを挙げたが、同馬のオーナーであるDr.コパこと小林祥晃氏(72)は「前走後に菜七子からアドバイスがあり、ハミを替えたのが良かったみたい」と、勝利の陰に菜七子の助言があったことを明かした。

 また、菜七子とのコンビで交流G3・クラスターC(8月12日・盛岡、ダート1200メートル)に参戦するコパノキッキングについて、「私のテーマは“菜七子に重賞を勝たせること”ですからね」といつもの持論を述べた上で、「アメリカ遠征もクラスターC次第になると思います。勝てば考えますし、負けたら韓国のコリアスプリントという考えもあります」と話し、既に登録のあるブリーダーズCスプリント・米G1(11月2日・サンタアニタパーク、ダート約1200メートル)や、コリアスプリント・韓国G1(9月8日・ソウル、ダート1200メートル)参戦を視野に入れていることも明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス