文字サイズ

東西トレセンで調教時計を自動計測化へ

 JRA関西定例記者会見が24日に大阪市内で開かれ、2021年末までを目標に、美浦・栗東両トレーニングセンターのウッドチップコースにおいて、調教タイムを自動計測で行うことを明らかにした。現在、坂路で運用している自動計測システム、使用しているICタグをそのまま用いての検証結果が得られたため、コースでも実施することが決定した。

 現在はそれぞれ手動で計測されているが、「タイムに若干の差があると、調教師からの指摘もあったため」と広報担当の臼田理事は説明した。まずは美浦は南W、栗東はCWから開始し、それぞれの各コース、現地滞在馬の多い函館、札幌、小倉などの運用については、調整を行ったうえで考えていく予定。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス