文字サイズ

日曜東京の危険な人気馬

 テトラドラクマ
1枚拡大

 【東京9R・アルーアキャロル】これまではコース追いが中心だったが、今回から坂路主体に変えている。調整の強度も軽めで、以前より手ぬるい印象は否めない。実績上位の存在といえども信用は置けない。

 【東京10R・スウィングビート】斤量55キロ以下で〈3、0、0、1〉だが、それより重くなると〈0、2、2、4〉とパフォーマンスが低下する。56キロの今回、勝負どころでもたつく課題をクリアできるかは疑問だ。

 【東京11R・テトラドラクマ】近4走は14、6、12、5着。3歳春までは抜群だった初速が鈍くなり、レースの流れに乗れないケースが目立つ。現状では最内枠で馬群に包まれる危険性は十分。迷わずオミットだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス