文字サイズ

【POG】ブルトガングがベール脱ぐ 素質秘める桜花賞馬の全弟

 桜花賞馬を姉に持つブルトガング(撮影・園田高夫)
1枚拡大

 「新馬戦」(22日、東京)

 クラシックウイナーの弟がベールを脱ぐ。土曜東京5R(芝1800メートル)に出走するブルトガング(牡、父ディープインパクト、美浦・手塚)は、今年の桜花賞馬グランアレグリアの全弟。コンビを組むのは、姉の主戦も務めるルメールだ。

 2週連続で追い切りに騎乗して感触を確かめた。今週は美浦Wで3頭併せを行い、年長馬を相手に互角以上の動きを披露。鞍上は「しっかり走ってくれたし、自分の仕事が分かっている」と好感触を伝える。

 高い素質を秘めている良血馬。ただ、姉とはタイプが違う様子。「お姉さんはスピードタイプだが、この馬はゆったりとした競馬が合っている。乗りやすい馬だよ」と説明。「能力はありそうだね」と素質の高さを評価した上で、「フットワークが大きいので東京は合っている」と舞台設定を歓迎した。

 姉が新馬戦レコードVを飾った府中で、スタートダッシュを決める。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス