文字サイズ

【安田記念】アーモンドアイ 万事順調 ルメールと世界トップレベルのフットワーク

 ルメールを背に美浦Wで3頭併せ。着実に臨戦態勢を整えるアーモンドアイ
1枚拡大

 「安田記念・G1」(6月2日、東京)

 国内現役最強馬アーモンドアイが22日、主戦・ルメールを背に、美浦Wで3頭併せを敢行。世界トップレベルのフットワークを誇示した。

 ノチェブランカ(4歳1600万下)、アンティノウス(5歳1600万下)を追走。直線は最内へ潜り込んで3頭横並びの形に。そこから自らハミを取ると、必死に手綱を押さえたまま楽々2馬身抜け出した。6F83秒1-38秒5-12秒5の時計に、ルメールは「普通な感じ。自分から動いたし、フットワークも息も問題ない。(ドバイ遠征の疲れは)残っていないね。良さそう」とほほ笑んだ。

 国枝師も「(美浦)帰厩時が483キロ。体調も変わらないし、精神的にもドッシリとしている。遠征の疲れも心配したが、杞憂(きゆう)だった」と、いつも通りのひょうひょうとした口ぶり。8連勝&国内外G16連勝へ、万事順調だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス