文字サイズ

【京都新聞杯】レッドジェニアル大金星 11番人気の伏兵が令和初JRA重賞制覇!

 「京都新聞杯・G2」(4日、京都)

 令和初のJRA重賞は単勝11番人気の伏兵が制した。レッドジェニアルが大金星。道中は中団の内でロスなく脚をため、直線で外をはじけるように伸びると、ゴール前で逃げ粘るロジャーバローズを首差かわして重賞初制覇を飾った。

 鞍上の酒井は14年菊花賞のトーホウジャッカル以来のJRA重賞タイトル。「リラックスして運ぶことができました。最後までしっかりと脚を使ってくれましたね」と声を弾ませながら振り返った。

 父は04年にNHKマイルC&ダービーを制したキングカメハメハで、母レッドアゲートは08年フローラS勝ち馬でオークス6着。血統は申し分なかったが、精神的な幼さが災いして未勝利を脱したのは3戦目となる2月の京都。前走のアザレア賞4着も折り合いに苦しんだ。

 高橋忠師は「なるべくテンションを上げないように工夫しました。ようやく精神面が追いついてきた」と目を細める。続けて「この馬を理解してくれていたジョッキーもうまく乗ってくれた」と好騎乗を評価した。

 賞金を大きく加算してダービー(26日・東京)への出走を確実にした。「長距離輸送でメンタル面がどうなるか分からない。でも、能力は感じていた馬だし、精神面がついていければ」と指揮官は期待に胸を膨らませる。父が制した舞台で、息子も存在感を示す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス