文字サイズ

【フローラS】セラピア 軽快な脚取りで先着決めた 初の長距離輸送も問題なし

 栗東CWでディープオーパス(右)と2頭併せで追い切るセラピア(撮影・佐藤厚)
1枚拡大

 「フローラS・G2」(21日、東京)

 一気の重賞Vで樫の切符をつかみ取る。セラピアは17日、藤岡康を背に、栗東CWでディープオーパス(6歳1600万下)を0秒3追走する形でスタートすると、首をリズミカルに動かしながら、軽快な脚取りで6F84秒1-38秒6-12秒4を計時。楽な手応えで0秒1先着を果たした。

 見守った藤岡師は「時計も出ているし、動きもいい。予定通りの調整だと思う」と納得の表情を浮かべた。

 デビュー戦は既走馬を相手に、直線は持ったまま完勝するなど、スケールの高い走りを披露。「距離の融通は利きそうだし、高い能力はあると思う」と重賞初挑戦に指揮官は自信をのぞかせる。初の長距離輸送も「カイ食いが悪いところもないですし、精神的に落ち着いているので、心配はいらないと思う」と問題視していない。

 初戦で見せたポテンシャルの高さを存分に発揮し、大舞台へ突き進む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス