文字サイズ

【天皇賞】フィエールマン 3カ月ぶりの実戦も3頭併せで気力十分

 「天皇賞(春)・G1」(28日、京都)

 出走馬唯一のG1馬フィエールマンは17日、美浦Wで3頭併せを消化した。最後方から道中は気力十分に進み、直線で最内に入るとしっかりと伸びて、6F81秒9-37秒6-12秒8。外のゴルトマイスター(3歳500万下)に1馬身、中のムスコローソ(4歳1000万下)に3馬身先着した。

 昨年の菊花賞を制し、迎えた今年初戦のAJCC2着後は、福島県のノーザンファーム天栄に放牧。3カ月ぶりの実戦に、手塚師は「良かったですよ。最後は末脚を伸ばしていい感じ。申し分ない過程できている」と順調な調整ぶりに胸を張った。

 レース当日の28日は、10連休最初の日曜日。「輸送時間が読めないところがあるし考えないとね。菊花賞のように、輸送は金曜日で、土曜日にスクーリングするのも考えないと」と思案する。2度目のG1制覇へ、万全を期す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス