文字サイズ

【マーチS】サトノティターン素質開花V 重賞初挑戦で鮮やかに差し切った

 重賞初制覇を決めたサトノティターン
1枚拡大

 「マーチS・G3」(24日、中山)

 出世の遅れていた大器が、ようやくG3の勲章を手に入れた。8番人気のサトノティターンが、重賞初挑戦で鮮やかな差し切り勝ちを決めた。

 序盤は後方からじっくりと追走。直線で大外に持ち出されると、572キロの巨体から豪快なフットワークを繰り出し、堂々と先頭でフィニッシュ。その瞬間、右手で力強いガッツポーズをつくった石橋脩は「力があるのは分かっていた。潜在能力は高いので、常に発揮できるようになれば楽しみ」と会心の手綱を振り返った。自身にとっては、JRAダート重賞50回目の騎乗での初勝利となった。

 レース史上最高馬体重での勝利に、サトノ軍団の総帥・里見治オーナー(名義は里見治紀氏)は「気性的に大人になってきた」と、愛馬の成長した姿に笑みがこぼれた。次走はアンタレスS(4月14日・阪神)が有力。6歳馬ながら、キャリアはまだ9戦。ダート路線で、さらなる活躍が期待できそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス