文字サイズ

【毎日杯】ランスオブプラーナ粘って重賞初制覇 春の大舞台へ名乗り

 マイペースの逃げで押し切るランスオブプラーナ(左)
1枚拡大

 「毎日杯・G3」(23日、阪神)

 一度も先頭は譲らなかった。3番人気に支持されたランスオブプラーナが逃げ切り勝ち。キャリア6戦目にして念願の重賞初制覇を飾った。最内枠から好スタートを決めるとすんなりとハナヘ。1000メートル通過タイム60秒7とマイペースに持ち込むと、直線でも内ラチ沿いからしぶとく脚を伸ばして、後続の猛追を振り切った。

 見事にエスコートした松山は「好スタートを決めて、リズム良くハナに行く競馬ができた。最後まで伸びてくれて強い競馬ができたし、距離が延びても大丈夫」と笑顔を浮かべた。

 騎手時代の1983年にタケノヒエンで制した本田師は「スタートがいい馬だから、無理せずハナに行けた。あとはどこで(相手が)絡んでくるかだけだった。直線も大丈夫だった」と作戦通りの内容にうなずいた。

 「もたれるのが解消してきている。マイルから2000メートルまでは問題ないと思う。馬の回復を見て、どちらに行くかを決めたい」と指揮官は、皐月賞(4月14日・中山)とNHKマイルC(5月5日・東京)の両にらみの構え。17年皐月賞馬のアルアイン、18年有馬記念勝ちのブラストワンピースなど数多くの名馬を輩出した出世レースを足掛かりに、春の大舞台でも主役の座は譲らない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス